やっぱりバイクの車検もセルフで

原付でない限り避けられないのが車検ですね。

バイクショップにお任せするというのも手間がなく楽ではあるのですが、愛車は自分で手をかける!という信念のあるバイク野郎な方々には、ユーザー車検をお勧めします。

ご存知、業者委託ではなく自分で陸運支局に赴いて各種検査を受けるものです。

必要なのは検査実費等のみ(自賠責、重量税、手数料、等)。

業者に委託する費用を浮かせることもできます。

中型二輪であれば、3万円弱で行けると思います。

業者に委託する場合に比べて恐らく半額で済むでしょう。

やり方についてはインターネット上でも色々な情報が載っていますし、会場でも検査員の方が丁寧に教えてくれます。

当然ですが!そもそものメンテナンスはしっかりしていきましょう。

ハイビーム・ロービーム、ウィンカー、ホーン、ブレーキランプ、クラッチとブレーキのレバーのチェック、ボルト類緩みのチェック、ブレーキ検査、光軸検査、排ガス検査、、と一連の検査が続きます。

シビアな検査という訳ではないので、無事通過すれば新しいナンバープレートをもらえます!

一点、注意しなければいけないのは、スケジュールです。

私はやってしまいました。

何故かその時期ちょっとボケっとしていて、車検を受けに行こうとした日はなぜか既に車検切れ一週間後だったのです。

こうなると、もちろん行動は走れないので仮ナンバーを所轄警察署でもらってから向かうことになり、かなりロス(面倒くさい)です。

ユーザー車検、自分でやるのはやっぱり結構ドキドキするのですが…検査員は意外と優しいですし、何より自分で検査を通した達成感は味わえます。

愛車との距離も縮まった気がしますね。