いつか愛車のバイクとの別れはやってくる

初めて買ったバイク、付き合いも8年になりました。

あるタイミングでこのバイク、手放すことになりました。

理由は置き場がないことです。

ライダーらしからぬ理由のようですが、けっこう切実で、バイク駐輪場があるマンションってかなり少ないのです。

あったとして、5,000円/月とかかかります。

出費としてボディブローのように手痛く感じてきます。

加えて洗車やメンテナンスをするスペース確保も難しいのです。

というのも、バイク保有期間中に、東京の下町→神奈川→都心、と2回引越しをしています。

幸いにして最初の二カ所では何とかスペース確保が可能でした。

ただやはり、都心となると難しく。

泣く泣く手放すことを決意しました。

知人のアドバイスによると、千葉とかにレンタルスペース借りれば安くて快適だよという情報もありましたが、当時の私にはハードルが高かったようです。

さて、処分を決めてしまえばあとは如何に高く売却できる業者を見つけるか、ということに注力しました。

とはいえやったことはネットで複数業者の査定依頼です。

計3社に依頼しました。

最終的な引き取り価格は18万円でした。

ちなみに私はこのバイクを本体価格35万円(+諸費用)で購入しています。

10年落ち、30,000km走行で原価の50%なら御の字ではないでしょうか。

なによりも、愛情を注いできた自分の愛車が適切に評価されたことがうれしかったです。

きっと今頃は次のオーナーに愛されていることでしょう。

私も今後の人生のどこかのタイミングで、再びバイクオーナーに戻ろうと思っています。