困った時に便利なバイクのロードサービス

あまり好ましい話ではありませんが、バイクで公道を走っていて突然エンストしてしまったとか、故障してしまいバイクが動かなくなってしまうことがあります。

その場合には自動車と同じようにバイクもロードサービスを受けることができます。

主なロードサービスの内容としては、給油・バッテリー上がりの対応・故障車両のレッカー・バイクに乗れない時は帰宅するための費用や帰宅できないときの宿泊費の負担などがあります。

どんなところがロードサービスを行っているのでしょうか。

バイクを購入したときに任意保険に入っていれば、保険の範囲内でサービスを受けることができます。

保険会社にもよりますが、上記のようなトラブルを十分カバーし得るほどのサービス内容です。

日本で大手のロードサービス会社であれば、会員登録をしていればサービスを受けることができます。

ほとんどの会社が24時間365日対応ですが、年会費が高めなところがデメリットです。

また、販売店でも独自のロードサービスを行ってるところがあります。

その販売店でバイクを買った人が対象となります。

サービス内容は他のロードサービスと変わりませんが、営業時間が短いところがあります。

早朝や真夜中のトラブルに対応できないことがデメリットです。

ほかにも、クレジットカードと提携してロードサービスを行っているところもあります。

探せばたくさんありますので、比較してどのサービスを利用するかシミュレーションしておくのも大切です。

いざ、何かがあった時に調べていては遅すぎますからね。

愛車と長くつきあいたい。バイクのメンテナンスについて

いちど手に入れたバイクを長く乗るためには、定期的なメンテナンスが必要です。

もちろんバイク屋にすべてお任せするのもいいですが、簡単なメンテナンスは自分で行いましょう。

何かあったときのために自分で対応できるように、覚えておいたほうがいいでしょう。

初心者でもできるメンテナンスはオイル交換です。

エンジンオイルは、走行距離が増えれば増えるほど、確実に劣化していきます。

日本のバイクは性能がいいため、数万キロ走ったとしても問題なく走れてしまう場合がありますが、できれば1万キロ以内で交換してください。

フィルターはオイルの交換ごとに変える必要はありません。

2回につき1回ぐらいの頻度でよいでしょう。

慣れてきたら、他の部分のメンテナンスも挑戦してみましょう。

ブレーキパッドやケーブルの交換は消耗品を取り換えるだけでいいので、特別な技術はいりません。

ボルトやナットなどのサビ取り、チェーンに油をさしたり、たるみがないかをチェックしたり、タイヤの空気のチェックやパンク修理はできた方がよいでしょう。

案外初心者でもできそうで難しいのが洗車です。

車の洗車とはやり方が違いますのでサビだらけになってしまうことがありますので注意しましょう。

ベテランのライダーはタイヤ交換やチェーン交換まで行ってしまいますが、慣れないうちは自分でやってしまうと故障の原因となりかねません。

できるところは自分でやって難しいところは業者にお任せして、徐々にできる範囲を広げていくのがベストです。